森のなかの標本室

不思議な標本を作るアートユニット「飴色団栗研究室」にまつわるちょっとしたおはなし。毎週金曜日夜9時ごろ更新。

「沼底の碧」の鑑定方法

f:id:CaramelAcorn:20180612080018j:image

「沼底の碧」の標本

これは、青い沼の碧色が長い時をかけて堆積し、宝石になったものです。

 

我々は、自ら鉱物の採集を行うことは滅多にありません。この標本もお店で購入したものです。しかし、勿論これは「沼底の碧」という名前で販売されていたものではありません。

 

今回の記事では、「沼底の碧」のようなものをどのようにして探し出すのか、その方法をごくごく簡単にお教えします。こういったものを手に入れたい方は、うちの研究室から買ってくださっても勿論結構ですが、自分で見つけ出すことが十分に可能です。

 

手順は以下の通りです。

1 鉱物を販売している場に赴く

2 心をすっきりと空っぽにする

3 他者によって分類された名前を意識せず、自分の目でゆっくりと一つ一つの石を観察する。

4 これぞと、あなたの心に響く石に出会ったら購入する

5 持ち帰り、その存在を明確に表現した、相応しい名前をじっくり検討する。

6 丁度良い大きさの箱に収め、ラベルを作る

 

以上です。自分にとってその石がどういう存在であるか、本質を見抜くには慣れも必要ですが、どなたにも、決して不可能ではありません。

 

水晶、蛍石サファイア、ひすい、人間は様々なものを分類し名前をつけます。存在を定義づけます。それは学問、あるいは集団の中で重要で必要なものですが、あなた個人の中でも必要であるとは限りません。あなたと、石と、一対一の世界では、その石はあなただけの価値観で分類された、あなただけの存在であって良いのです。

 

しかし、あなたが既にラベルがついている石を手に入れたなら、できるだけそのラベルは保存しておきましょう。

あなたの出身地、身長や体重、学校の成績などの情報によってあなたの存在価値が変動することはありませんが、何かの拍子にそういうデータが役に立つ場面もあります。持っておくことが苦痛でなければ、保存しておく方が得策です。

 

さて、これよりもっと具体的で詳しい鑑定方法は、またいつかどこかで纏めることにいたします。

しかし、勘の良い方ならばここに挙げた情報だけで問題なく標本を探すことができるでしょう。そして、それが鉱物だけに限らないことを悟るでしょう。ぜひ、あなたの身の回りの存在を、新たな視点で眺めてみてください。

 

 

今週読んだ本:『名作あらすじ事典─西洋文学編─』青木和夫 


※画像をクリックするとamazonのページに飛びます。

西洋文学200作品のあらすじが書かれた事典です。一般常識として知っておきたい知識を手っ取り早く仕入れることができますし、もちろん読みたい本も探せます。全部読まずとも、パラパラとめくって眺めるだけで楽しいです。

今後の標本の販売について

この度、飴色団栗研究室の標本につきまして、私共がSNS等において標本が架空であるとはっきり注意書きをしない発言をいたしますと、プロフィールへの記載、また販促目的のツイートであるかとは関わりなく、全ての販売が詐欺になるとのご指摘を受けました。

 

我々はこれを受けまして、今後の雑貨店への委託販売の一切を取りやめることにいたしました。

 

決断に至った理由といたしましては以下の通りです。

・委託店様にご迷惑をおかけしないため

・どれだけ注意深く活動していても、活動理念を変えない限り同様の行き違いは起こりうると予測されるため。

・活動理念と販売を天秤にかけた際、活動理念を守ることに大きく傾くため

 

今後の標本の販売方法といたしましては、私共のような面倒なアーティストの取り扱いのプロであるギャラリー様と協力し、よくよく相談の上で展示販売するという方向性にしたいと思います。

 

誤解なきように申し上げておきますと、我々は自ら進んで架空であると申し上げないスタンスで活動しておりますので、直接の販売は基本的に行わず、我々の代わりに事実をお伝えしてくださる場所での委託販売のみとしておりました。また委託店様、ギャラリー様は販売において通販では注意書き、対面での販売では口頭での確認等、細心の注意を払って販売してくださっておりました。今回のご意見は、それを踏まえた上での我々に対してのご意見であり、委託店様等に責任はないものと考えております。

 

また、同じ方から以下のようなご意見もいただきました。

・自然科学に対する誤解を招きかねない表現方法は害悪であり、フィクションであることを前提とした活動方針に変えるべきだ。

・自分はこのようなものをアートであるとは認めない。

・体調不良を明らかにしたことで同情票が多く集まり、自分たちのようなまともな人間が悪者であるように扱われ、遠ざけられている。発言を撤回すべきである。

 

一つ目、二つ目に関しましては、活動方針を曲げることはできませんので、先日の記事の繰り返しになりますがSNSでの情報を制限することで対処させていただきます。これにより、情報の一部が一人歩きしご不快な思いをする方を生んでしまうことは防げるかと存じます。また、ブログやWebサイトのプロフィールページには、ステートメントに反しないギリギリの範囲で注意書きを付け加えております。

 

三つ目に関しましては、いただいたお言葉に対して「まともである」「まともでない」と分類することになりますので、肯定も謝罪もできません。こちらに関しては、今までのツイート全てを削除することでお答えとさせていただきます。

 

この期に及んで「架空である」と大々的に発言しないスタンスを貫くことに、ご不快に思われる方がいらっしゃるかもしれません。しかしながら、この点はどうしても譲れない一線ですので、「世の中には碌でもない人もいるもんだ」というくらいでご容認いただけますと幸いです。

 

尚、今回の記事は議論を呼びやすい内容ではございますが、我々はこのご意見を受け止めるべきと判断しております。またお送りいただいた方以外にも同様のお考えをお持ちの方がいらっしゃる可能性を考え、この場でもこのように発表しております。真摯なご指摘をくださった方への行き過ぎた批判等はご遠慮いただきますようお願い申し上げます。 

f:id:CaramelAcorn:20180609154815j:image

 

たからもの

あなたにとって、宝物とはどのような存在だろうか。

私にとっての宝物は、形と物語の間にある。

見た目が美しいというのは、大切な要素である。綺麗なものはそれだけで幸せを生む。ずっと大切にしたくなる。それは理屈ではなく、ただそうしたいと思わせる力を持っている。

それと同じくらい、物語は大切である。大切な人にもらった、拾った時に不思議な体験をした、そんな大したことでなくとも、宝物それぞれ違った物語を持っている。

f:id:CaramelAcorn:20180606161540j:image

例えばこれは、美しい透明の石であるという見かけの他に、氷の化石であるという物語を持っている。標本のラベルは、研究室が与える物語だ。ここに氷の化石と貼ることで、それは透明な石から意味のある透明な石へと変わるのだ。

 

しかし、物語というのは、与えられたものでなくても良い。例えばあなたが氷の化石を手に入れたとして、それを氷の化石と思う必要性はどこにもない。あなたが星のかけらと思うならば、その物語を与えられた石は、その瞬間に星のかけらへと変わるのだ。

 

たからものという存在において、硬度だとか化学式だとか、結晶構造だとか、物理的な事実がどうであるかということは真理ではない。同じ石でも、見る人によって存在の本質が変わる。そういうものであって良いと私は思う。

 

精神の世界においては、全てが自由だ。いくつもの真実がある。サンタクロースはいてもいなくてもいいし、透明な石は、水晶でも、氷の化石でも、星のかけらでも、涙の結晶でも、何にでもなれる。その全てが真実として大切にされて良いのだ。

 

空想と現実の区別がつかなくなることは時に危険だが、それは「つかない」ことが危険なのであって、「つけない」ことは、内容をよく選べばむしろ人生を豊かに彩る。

 

あなたは、引き出しの奥に星のかけらを持っているだろうか。持っていないならば、そっと身の回りに目を向けてほしい。あなたの宝物にふさわしい美しい一片が、きっと見つかることだろう。

 

 

今週読んだ本:『千年の命 巨樹・巨木を巡る』高橋 弘 

※クリックするとamazonのページに飛びます

日本の主要な巨樹・巨木を写真付きで紹介する本です。

こんな木があるんだと眺めるのも楽しいですが、旅行の計画を立てるのにも使えそうです。写真も美しいものが多く、それぞれの木についてのエピソードも載っていて、満足の一冊でした。

今後のツイッターおよびSNSの利用について

※普段のブログの内容とは無関係の記事です。
※通常の記事はいつも通り金曜夜9時に更新いたします。

 

(はじめに、今回の顛末について簡単にご説明いたします)

このシラカシ琥珀果、通称飴色団栗の生態に関するツイートが大きく拡散されました。

f:id:CaramelAcorn:20180606123649j:plain

そのツイートに関して、我々は活動理念に基づき、はっきりと「作り物です」と申し上げませんでした。それに対しリプライや引用その他にて、あくまで少数ではございますが、その態度が「良くない」とのご指摘をいただきました。我々はいただいたご意見ついて検討を始めておりましたが、結論が出る前に、真摯なご意見へ便乗した悪質なメッセージが届き、検討が不可能な体調に陥ったため一時的に逃避し、ツイッターの使用を休止しておりました。

 

以上が今回の大まかな流れです。

 

本題に入ります前に、この件で大変多くの方にあたたかい共感と励ましのお言葉をいただきましたこと、誠にありがとうございます。このように見守ってくださる皆様の存在は、作家として本当に宝物です。まだツイッターを再開できる状態ではなく、お一人お一人への返信が難しいため、この場での御礼とさせていただきます。今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

以下、今回我々の間で今後の方針について検討いたしました内容及び結論です。

 

目次

1 活動内容について

2 今までの対応について

3 今後の方針について

 

 

1 活動内容について

まず前提条件として、我々は鑑賞者にリアルな空想体験をしてもらうためのアートユニットではありませんそういう活動をされている方はたくさんいらっしゃいますし、それも勿論素敵ですが、その良し悪しと関係なく、我々はそれとは違う活動をしています。

 

我々のWebサイトには、ステートメントというものが掲載されています。アーティスト・ステートメントと呼ぶこともありますが、これは芸術家の活動の根幹となる理念を示しています。全ての活動はこの文に基づき、ここから外れたことは決して行わない。そういう大切な存在です。

 

さて、我々のステートメントを要約しますと、このようになります

・我々の芸術家としての使命は、世界のどこかにきっとあるものを標本として再現することである。

・普通は作ったものを標本と呼ばないが、あえて作品を標本と呼ぶ(標本として扱う)ことで、夢を現実にする。

 

どういうことかと申しますと、

我々は、我々自身が自らの作品を「標本」として扱う、つまり実在する現実であると扱うことで、夢を現実として位置付ける。そういう活動をしています。もっと詳しく申し上げますと、我々は標本を創っているのではなく、創った植物を標本にしているのです。この辺りの解釈は英語版の方が分かりやすいかと思います。

 

極論を申しますと、我々のステートメントにおいて見る人がどう感じるかは関わりがありません。我々自身がその態度を貫くことで夢が現実として位置付けられる。その成果物から何か感じ取ってもらえると嬉しい。そのようになっています。

 

これはおそらく、皆様が考えていた順序と逆でしょう。心情として「私の中では本物だから言いたくない」ではなく、そもそも本物として扱うこと自体が活動の根幹である。そこがわかりにくいからこそ、「芸術活動」が「嘘」に見えてしまうのです。

 

 

2 今までの対応について

さて、上述したように我々は自身が標本を標本として取り扱うことをとても大切にしていますが、それが時に社会と相容れない考え方であることは理解しておりました。『星の王子さま』のように、自分で描いた羊の絵を本物の羊として大切にすることが許される世界は、そうそうないのです。ですから今までは、不特定多数の方がご覧になるツイッターを使うにあたって、以下のような対応を行っておりました。

・プロフィールに「現代アートユニットである」と記す

・プロフィールに「自分の作品を標本と呼んでいる」と記す(これは英語で書いてあります)

・よくよく読めば創作物であることに気づくようなツイートを固定する

・具体的な質問(本物ですか?等)を受けた際には遠回しに、創作物であることを示唆する回答を行う

・「作り物である」と断定する行為を否定することで、間接的に気づきを促す

※ただし、「これはどういう生態をしているのか」「こんなものがあるなんて素敵」「探しに行ってみます」等のご意見は、普段から我々の気持ちを汲んでそのように「乗って」くださる方が多いので、はじめての方でも念のため肯定も否定もしない返信をしていました。

 

しかしこれは本当に最大限の譲歩で、身を切られるように辛く、加えて我々の活動に深く共感してくださる方の期待を裏切る行為でもあります。何より、ステートメントの根幹が完全に覆されているのです。

 

 

3 今後の方針について

その上で今回、新たにご指摘をいただきました。これでは足りないという方もいらっしゃるのです。我々は常に、全てのツイートにおいて標本が創作物であると主張し続けることを望まれている。そこで我々はどうするべきか。

 

我々は今後のツイッターを含むSNSの利用について検討し、以下のように決断いたしました

 

 1)今後、プロフィールとステートメントを除き、創作物であることを示唆する言葉は一切使わない。

 2)基本的に相互フォローの方以外への返信を行わない(定期的にフォローリクエストを受け付ける)。

 3)投稿内容を大きく削減し、生態や学名等「紛らわしい」内容は直接投稿しない(例:写真とタイトルのみ)。

 4)簡単な図鑑をWebサイトに作成し(作成済)、そこへのリンクを投稿する。

 5)分類や学名、学術論文などを含むより詳しく紛らわしい内容はnote等を用いた有料コンテンツとする。

 

簡単にまとめますと、社会のなかで上手くやるための大人の対応を廃止し、その代わりに拡散されやすいツールでの情報を削減する、という結論に至りました。

 

今まで通りで良い、気にすることはないと言ってくださる方が本当にたくさんいらっしゃることは存じております。皆様のあたたかいお言葉は本当に嬉しく、感謝しております。またこのような活動は表現の自由によって守られており、本来こういう場面で求められるのは表現の自粛ではなく、学校教育等による個々の情報リテラシー向上であるという考えも持ち合わせております。しかしながら、現状を鑑みてご不快に思う方が一人でもいらっしゃるならば……という殊勝な理由は半分くらいで、単純に苦情を無視できる強い心を持ち合わせておりませんので、このように対策させていただきます。

 

※尚、当たり前のことですが、販売の際は別途注意書き等を記載しております。またライターの方やギャラリー関係者様、委託店舗様、研究者の方などお仕事に関連したお問い合わせ、また健康上の問題等情報が必要と思われるお問い合わせには、物理的な事実をそのままお伝えいたしておりますので、ご安心くださいませ。

 

まだツイッターを見るとあちこち震えたり痛くなったりしますので、休暇はもうしばらく継続させていただきます。この記事もブログの投稿機能を使ってツイートしています。次のイベントの告知までには再開したいと思っております。

 

また、その間ブログ、インスタグラム等その他全ての活動は継続いたします。Webサイトの問い合わせ欄も解放しておりますので、ご用の際はツイッター以外の手段でご連絡ください。

 

我儘なアートユニットではございますが、今後も楽しくご覧いただけましたら幸いです。

 

 

 

おすすめの本:『鼻行類』ハラルト・シュテンプケ


※クリックするとamazonのページに飛びます

我々の活動の方針がお気に召した方がいらっしゃいましたら、ぜひこの『鼻行類』をご一読ください。

最悪に情緒のない言い方をすれば架空の学術論文ですが、その他の類似した作品とは違い、あとがき等にも一切パロディであることを示す言葉がありません。そしてあまりの出来の良さに信じる人が続出し、ついには学会まで巻き込む大騒ぎになった本でもあります。ドイツの博物館には再現された剥製まであるそうです。明らかにされた鼻行類の生態は大変奇妙で面白く、時に愛らしく、魅力的です。内容は専門的であるためかなり読みにくいですが、しかしそこが良いのです。

本を書いています

f:id:CaramelAcorn:20180531102456j:plain

標本の作り方をまとめた本を作っています。

といっても出版ではなくて、自分で印刷して自分で販売するやつです。

 

植物を採集すること自体は簡単ですが、少しだけ本格的な知識を仕入れて出かけると、その楽しさと満足感は何倍にも増します。

 

公園で拾ったドングリに産地や日付、採集者のサインを書いたラベルを作る。いつも花だけ摘んで押し花にしていたスミレを、根から丁寧に掘り起こして作ってみる。掘り起こした花は、愛用の野冊(やさつ:植物を挟んでおくもの。新聞紙とベニヤ板で作れる)に挟む。ちょっとした知識と手間で、もう立派な研究者です。

 

そういう知識がまとめて手に入る、挿絵が豊富でデザインも美しい本を作れたらいいなと思い、半分は自分のために情報をまとめています。

画像は今描いている挿絵です。こういう絵をたくさん載せていこうと思います。

完成したら、ぜひ冒険のお供に使ってくださいね。

 

 

今週読んだ本:『ヴォイド・シェイパ森博嗣 

※画像をクリックするとamazonのページに飛びます

図書館に行って、ふと目に止まった背表紙を引き抜いたら森博嗣さんだったので、外れはないだろうと思って中も見ずに借りてきた本です。この画像は文庫版ですが、ハードカバー版の表紙も綺麗ですよ。──最強の剣士に育てられた世間知らずの青年が、師の死を期に山を下り、一振りの刀を背に人里を旅する──という、少年漫画でも通じそうなシチュエーションながら、文体は透明感があって美しく、主人公の思考も哲学的というギャップが魅力的でした。続きも読んでみようと思います。

f:id:CaramelAcorn:20180525162458j:image

今回採集に訪れたのは、遠くに佐渡島が見える新潟の海である。海岸へ降りると、まずは手頃な棒を拾う。採集において、棒は重要である。得体の知れないものをつついたり、砂の中から目当てのものを掘り出したり、振り回して遊んだりする。山ならば杖にしても良い。気分を高めるための必需品である。今回は枝ぶりも気に入ったものが手に入った。大抵はその場に置いて帰るが、これは持ち帰っても良いかも知れない。

 

海の日差しは、5月でもとても眩しい。サングラスを持ってくるんだったと思ったが、仕方がない。目を細めて砂浜をよく観察する。

 

流木、丸くなった石、貝殻の破片、発泡スチロール、空き瓶、何かの種、木の皮を丸めたようなもの、海藻。その中から良さそうなものを拾っては、大量に持ってきたビニール袋に詰めていく。この種、種花にとても似ているな。

 

木の皮を丸めたものというのは、これである。

f:id:CaramelAcorn:20180525163730j:image

後から調べたところによると、白樺の皮で作った漁業用の浮きらしい。ロシアとか中国とか、そのあたりから流れてきているようだ。標本とは関係ないが、面白いので拾って帰る。

 

海岸で拾ったものは湿っているので、特に流木の類はある程度拾ったところで乾いたところに並べて、休憩と選別も兼ねて少し風に当てる。

 

それをまたビニール袋に詰めなおして持ち帰る。鞄が濡れるのも嫌なので大抵はそうしてしまうが、今回ひとつだけ、湿気を逃がさないビニールではなく紙に包んで慎重に持ち帰ったものがある。

 

本当はすぐにでも自慢したいところだが、その正体はもう少し研究が進むまで秘密にさせてほしい。

 

 

今週読んだ本:『海と毒薬』遠藤周作


※画像をクリックするとamazonのページに飛びます

過去にあった事件を小説にしたもので、映画化もしています。本棚にあるのに読んだことがなかったので手に取ったのですが、手術の描写があまりにも恐ろしく、恐怖と吐き気で頭がいっぱいになって、作者の表現したかったこと、投げかけられている問題、何も読み取れませんでした。作品としてはすごく良いものだと思うので、勿体無いことをしました。

猫の秘密基地

先日ついに、猫の秘密基地を発見した。

 

研究室の猫は大抵、私か右の研究員の後ろをついて回っているのだが、時折姿が見えなくなることがある。猫の寝床は家中のあちこちにあるが、そのどれを覗いても見当たらないのだ。

そういう時に隠れている(?)場所を、先日ついに発見した。

二度確認して、いないと判断した場所であったが、試しに呼んでみると返事がある。

驚いて声の方へ目を向けると、こんなところに!という場所から姿を現したのだ。

 

果たしてその場所かどこであったのかは、猫の大切な秘密基地なので内緒にさせてほしい。

 

秘密基地とは、なにも人のこない林の奥のような場所でなくても良いのかもしれない。
人の目がある場所であっても、その死角を上手く利用すれば良い。

そう思えば、少し難易度の高いように思える秘密基地の製作も、少し身近に感じられるかもしれない。覚えておこう。

f:id:CaramelAcorn:20180406172338j:plain

 

今週読んだ本:『鉱物 人と文化をめぐる物語』堀 秀道  

※画像をクリックするとamazonのページに飛びます

 

堀先生は学者さんなのに文章がとても綺麗で、読み物としてもかなり良かったです。石好きはもちろん、文化や歴史に興味のある方も読んでみると面白いと思います。ある程度鉱物の基礎知識があるとより楽しめます。

 

ブログに今週読んだ本のコーナーを作ると、忙しくても読書ができるのではないかと思って始めてみました。三日坊主体質なので怪しいですが、できるだけ続けてみます。