森のなかの標本室

不思議な標本を作るアートユニット「飴色団栗研究室」にまつわるちょっとしたおはなし

つぶつぶつぶ飴

f:id:CaramelAcorn:20170825212943j:image

茎を除けば小指の先よりも小さい実がなる、飴団栗の仲間である。半透明の飴でできた小さな木の実である。粒飴と呼んでいたが、近いうちに名前が変わるかもしれない。

 

というのも、このあたりの仲間の分類を見直すことになりそうだからである。

 

それはさておき、この小さい粒飴はオーソドックスな「飴団栗」に比べると透明度が低い。澄んだガラスのような輝きを見せる飴団栗に対して、こちらはもったりと内部が濁っていて、向こう側が透けて見えない。

 

キラキラではないが、それが何とも甘そうで──「にごり酒」や「にごり湯」なんかがどことなく趣があるように見える心理と近いのかもしれない。