森のなかの標本室

不思議な標本を作るアートユニット「飴色団栗研究室」にまつわるちょっとしたおはなし

妖精の棲家

f:id:CaramelAcorn:20171005181635j:image

貝殻に作られた妖精の巣……もとい妖精の棲家である。貝殻は人気の物件で、水辺故かよく見ると苔生している。

 

煉瓦造りのような見た目から「巣」ではなく「棲家」と呼んでいるが、「家」という言い方をしないのは、妖精の生態にある。

 

彼等は確かに羽の生えた小さな人のような見た目をしていたりするが、基本的には何も考えておらず、煉瓦の建物を建てているようで、その実アリが蟻塚を築くのと大して変わらない。勿論魔法を使ったりもしない。因みに体長は触角込みで3ミリ程だ。

 

ただ、普段何も考えていないからといってそこまで知能が低い訳でもないのだが、そのあたりの話はまたいずれとしておこう。