森のなかの標本室

不思議な標本を作るアートユニット「飴色団栗研究室」にまつわるちょっとしたおはなし

苔と腐蝕と

f:id:CaramelAcorn:20171005182940j:image

以前撮影した写真だが、錆びて朽ち始めた鉄製の側溝の蓋の周りに、ぽこぽこと丸い苔がたくさん生えている。

 

私はこれを見て「もこもこの生きものがビスケットのように鉄をかじっているみたいだ」と思ったから撮影したわけだが、まあそれは置いておくとしよう。

 

「森」にも、これと似たもこもこ生物が数種類いる。毬藻のような丸い植物から、もこもこを掻き分けると顔がある動物のようなのまでいる。研究所に生物学者はいないのだが、入り浸っている博士の友人の中にそれらしき人物がいるので、いずれ詳しい話を聞いてみようと思う。