森のなかの標本室

不思議な標本を作るアートユニット「飴色団栗研究室」にまつわるちょっとしたおはなし。毎週金曜日夜9時ごろ更新。

飴団栗の若琥珀

f:id:CaramelAcorn:20171207233019j:image

「飴団栗の若琥珀」という名の、飴団栗の木の樹液を使った菓子である。研究員が気まぐれに製造している。

 

琥珀の「若」の意味がピンとこない方は「コーパル」で検索してみてほしい。宝石として価値が高いアンバーほど年数が経っていない若い琥珀をそう呼ぶのだが、琥珀色だけれど柔らかいところをコーパルにかけて、この名前が付けられた。

 

食感はシャリシャリとしていて、琥珀糖という菓子にかなり近い。とろりとした琥珀色に、ほんのり木の香り。大好物とまではいかないが、お茶菓子にあると嬉しい。そういう類の菓子である。

 

時々個展のレセプションパーティーなんかに持ってきているので、食べてみたい方は展示に遊びに来てほしい。作るときは予告するようにしようと思う。