森のなかの標本室

不思議な標本を作るアートユニット「飴色団栗研究室」にまつわるちょっとしたおはなし

番外編:読書感想文

質問箱(‪https://peing.net/caramel_acorn )でオススメの本を常時募集しているのですが、その「推薦図書」を何冊か読みましたので、その感想文です。

f:id:CaramelAcorn:20180223193900j:image

気になる本がありましたらぜひ読んでみてください。また、私が好きそうな本をご存知でしたらぜひ質問箱に入れておいてください。全部は読めないかもしれませんが、読んだら感想をつけてご紹介します。

 

 

 

檸檬梶井基次郎

「あのびいどろの味ほど幽かな涼しい味があるものか」という一文に撃ち抜かれました。普段の私は愛でるものといえば草木だとか空だとか石だとか自然物ばかりで、商店街の店構えや雑貨といった人工物に興味を示すことが殆どないので、そういった日常の細々したものの魅力をまざまざと感じさせる文章が大変新鮮でした。

 

Kの昇天梶井基次郎

自分に常にぴったりと張り付き、寄り添い、離れない影という存在に、人は誰しも疑問なり恐れなりを抱くものですが、そういった話の中でも最も美しい部類に入るのがこの『Kの昇天』ではなかろうかと思います。この絶妙な人間味のある仄暗さは私の感性とは異なるのですが、それを超えて納得させられるものがあります。

 

『沈黙博物館』小川洋子

「沈黙」が重要なテーマですが、小川洋子さんの話の中では比較的静かでないというか、文章に音を感じる作品だった気がします。私にとって博物館とは何か、保存とは何か、この本を読んだ今なら以前より少し面白い回答をひねり出せる気がします。ただ解剖シーンをはじめとしたちょっとグロテスクな描写が多く、文章が大変美しいだけに鮮やかに想像してしまい、神経に亀裂が入りました。二度は読めません。が、一度は読んでおきたい話です。

 

薬指の標本小川洋子

鉱物や昆虫など、何かの標本を収集している方の中には学術的な記録とは関係なく標本を愛する方がいると思いますが、この本を読むと「標本」という概念がずっと自由で奥深く、そして静かなものに感じられると思います。ただ、標本の姿が美しくも生々しい文章で緻密に描写される箇所が多く、それは確かに魅力なのですが、私はなかなか読み返す勇気が出ずに数年ぶりに手に取りました。感受性豊かで、且つセンシティブ過ぎない方におすすめです。

 

 

今回は以上です。今度は私のオススメの本もご紹介しますね。