森のなかの標本室

不思議な標本を作るアートユニット「飴色団栗研究室」にまつわるちょっとしたおはなし。毎週金曜日夜9時ごろ更新。

猫の秘密基地

先日ついに、猫の秘密基地を発見した。

 

研究室の猫は大抵、私か右の研究員の後ろをついて回っているのだが、時折姿が見えなくなることがある。猫の寝床は家中のあちこちにあるが、そのどれを覗いても見当たらないのだ。

そういう時に隠れている(?)場所を、先日ついに発見した。

二度確認して、いないと判断した場所であったが、試しに呼んでみると返事がある。

驚いて声の方へ目を向けると、こんなところに!という場所から姿を現したのだ。

 

果たしてその場所かどこであったのかは、猫の大切な秘密基地なので内緒にさせてほしい。

 

秘密基地とは、なにも人のこない林の奥のような場所でなくても良いのかもしれない。
人の目がある場所であっても、その死角を上手く利用すれば良い。

そう思えば、少し難易度の高いように思える秘密基地の製作も、少し身近に感じられるかもしれない。覚えておこう。

f:id:CaramelAcorn:20180406172338j:plain

 

今週読んだ本:『鉱物 人と文化をめぐる物語』堀 秀道  

※画像をクリックするとamazonのページに飛びます

 

堀先生は学者さんなのに文章がとても綺麗で、読み物としてもかなり良かったです。石好きはもちろん、文化や歴史に興味のある方も読んでみると面白いと思います。ある程度鉱物の基礎知識があるとより楽しめます。

 

ブログに今週読んだ本のコーナーを作ると、忙しくても読書ができるのではないかと思って始めてみました。三日坊主体質なので怪しいですが、できるだけ続けてみます。