森のなかの標本室

不思議な標本を作るアートユニット「飴色団栗研究室」にまつわるちょっとしたおはなし。毎週金曜日夜9時ごろ更新。

今後のツイッターおよびSNSの利用について

※普段のブログの内容とは無関係の記事です。
※通常の記事はいつも通り金曜夜9時に更新いたします。

 

(はじめに、今回の顛末について簡単にご説明いたします)

このシラカシ琥珀果、通称飴色団栗の生態に関するツイートが大きく拡散されました。

f:id:CaramelAcorn:20180606123649j:plain

そのツイートに関して、我々は活動理念に基づき、はっきりと「作り物です」と申し上げませんでした。それに対しリプライや引用その他にて、あくまで少数ではございますが、その態度が「良くない」とのご指摘をいただきました。我々はいただいたご意見ついて検討を始めておりましたが、結論が出る前に、真摯なご意見へ便乗した悪質なメッセージが届き、検討が不可能な体調に陥ったため一時的に逃避し、ツイッターの使用を休止しておりました。

 

以上が今回の大まかな流れです。

 

本題に入ります前に、この件で大変多くの方にあたたかい共感と励ましのお言葉をいただきましたこと、誠にありがとうございます。このように見守ってくださる皆様の存在は、作家として本当に宝物です。まだツイッターを再開できる状態ではなく、お一人お一人への返信が難しいため、この場での御礼とさせていただきます。今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

以下、今回我々の間で今後の方針について検討いたしました内容及び結論です。

 

目次

1 活動内容について

2 今までの対応について

3 今後の方針について

 

 

1 活動内容について

まず前提条件として、我々は鑑賞者にリアルな空想体験をしてもらうためのアートユニットではありませんそういう活動をされている方はたくさんいらっしゃいますし、それも勿論素敵ですが、その良し悪しと関係なく、我々はそれとは違う活動をしています。

 

我々のWebサイトには、ステートメントというものが掲載されています。アーティスト・ステートメントと呼ぶこともありますが、これは芸術家の活動の根幹となる理念を示しています。全ての活動はこの文に基づき、ここから外れたことは決して行わない。そういう大切な存在です。

 

さて、我々のステートメントを要約しますと、このようになります

・我々の芸術家としての使命は、世界のどこかにきっとあるものを標本として再現することである。

・普通は作ったものを標本と呼ばないが、あえて作品を標本と呼ぶ(標本として扱う)ことで、夢を現実にする。

 

どういうことかと申しますと、

我々は、我々自身が自らの作品を「標本」として扱う、つまり実在する現実であると扱うことで、夢を現実として位置付ける。そういう活動をしています。もっと詳しく申し上げますと、我々は標本を創っているのではなく、創った植物を標本にしているのです。この辺りの解釈は英語版の方が分かりやすいかと思います。

 

極論を申しますと、我々のステートメントにおいて見る人がどう感じるかは関わりがありません。我々自身がその態度を貫くことで夢が現実として位置付けられる。その成果物から何か感じ取ってもらえると嬉しい。そのようになっています。

 

これはおそらく、皆様が考えていた順序と逆でしょう。心情として「私の中では本物だから言いたくない」ではなく、そもそも本物として扱うこと自体が活動の根幹である。そこがわかりにくいからこそ、「芸術活動」が「嘘」に見えてしまうのです。

 

 

2 今までの対応について

さて、上述したように我々は自身が標本を標本として取り扱うことをとても大切にしていますが、それが時に社会と相容れない考え方であることは理解しておりました。『星の王子さま』のように、自分で描いた羊の絵を本物の羊として大切にすることが許される世界は、そうそうないのです。ですから今までは、不特定多数の方がご覧になるツイッターを使うにあたって、以下のような対応を行っておりました。

・プロフィールに「現代アートユニットである」と記す

・プロフィールに「自分の作品を標本と呼んでいる」と記す(これは英語で書いてあります)

・よくよく読めば創作物であることに気づくようなツイートを固定する

・具体的な質問(本物ですか?等)を受けた際には遠回しに、創作物であることを示唆する回答を行う

・「作り物である」と断定する行為を否定することで、間接的に気づきを促す

※ただし、「これはどういう生態をしているのか」「こんなものがあるなんて素敵」「探しに行ってみます」等のご意見は、普段から我々の気持ちを汲んでそのように「乗って」くださる方が多いので、はじめての方でも念のため肯定も否定もしない返信をしていました。

 

しかしこれは本当に最大限の譲歩で、身を切られるように辛く、加えて我々の活動に深く共感してくださる方の期待を裏切る行為でもあります。何より、ステートメントの根幹が完全に覆されているのです。

 

 

3 今後の方針について

その上で今回、新たにご指摘をいただきました。これでは足りないという方もいらっしゃるのです。我々は常に、全てのツイートにおいて標本が創作物であると主張し続けることを望まれている。そこで我々はどうするべきか。

 

我々は今後のツイッターを含むSNSの利用について検討し、以下のように決断いたしました

 

 1)今後、プロフィールとステートメントを除き、創作物であることを示唆する言葉は一切使わない。

 2)基本的に返信を行わない。

 3)投稿内容を大きく削減し、生態や学名等「紛らわしい」内容は直接投稿しない(例:写真とタイトルのみ)。

 4)簡単な図鑑をWebサイトに作成し(作成済)、そこへのリンクを投稿する。

 5)分類や学名、学術論文などを含むより詳しく紛らわしい内容はnote等を用いた有料コンテンツとする。

 

簡単にまとめますと、社会のなかで上手くやるための大人の対応を廃止し、その代わりに拡散されやすいツールでの情報を削減する、という結論に至りました。

 

今まで通りで良い、気にすることはないと言ってくださる方が本当にたくさんいらっしゃることは存じております。皆様のあたたかいお言葉は本当に嬉しく、感謝しております。またこのような活動は表現の自由によって守られており、本来こういう場面で求められるのは表現の自粛ではなく、学校教育等による個々の情報リテラシー向上であるという考えも持ち合わせております。しかしながら、現状を鑑みてご不快に思う方が一人でもいらっしゃるならば……という殊勝な理由は半分くらいで、単純に苦情を無視できる強い心を持ち合わせておりませんので、このように対策させていただきます。

 

※尚、当たり前のことですが、販売の際は別途注意書き等を記載しております。またライターの方やギャラリー関係者様、委託店舗様、研究者の方などお仕事に関連したお問い合わせ、また健康上の問題等情報が必要と思われるお問い合わせには、物理的な事実をそのままお伝えいたしておりますので、ご安心くださいませ。

 

まだツイッターを見るとあちこち震えたり痛くなったりしますので、休暇はもうしばらく継続させていただきます。この記事もブログの投稿機能を使ってツイートしています。次のイベントの告知までには再開したいと思っております。

 

また、その間ブログ、インスタグラム等その他全ての活動は継続いたします。Webサイトの問い合わせ欄も解放しておりますので、ご用の際はツイッター以外の手段でご連絡ください。

 

我儘なアートユニットではございますが、今後も楽しくご覧いただけましたら幸いです。

 

 

 

おすすめの本:『鼻行類』ハラルト・シュテンプケ


※クリックするとamazonのページに飛びます

我々の活動の方針がお気に召した方がいらっしゃいましたら、ぜひこの『鼻行類』をご一読ください。

最悪に情緒のない言い方をすれば架空の学術論文ですが、その他の類似した作品とは違い、あとがき等にも一切パロディであることを示す言葉がありません。そしてあまりの出来の良さに信じる人が続出し、ついには学会まで巻き込む大騒ぎになった本でもあります。ドイツの博物館には再現された剥製まであるそうです。明らかにされた鼻行類の生態は大変奇妙で面白く、時に愛らしく、魅力的です。内容は専門的であるためかなり読みにくいですが、しかしそこが良いのです。